ジョジョとタイガースファンへ送る今月のブルベの装備を確認してみよう!

始めに・・・

今月の29日に出場するAJ東京主催の山中湖200の開催が近づいてきました。
当日スタートを切るために、必要な準備があるので今一度確認をしてみましょう!

スタートするために必要な装備(書類とルート)

2017 BRM1029東京200 山中湖 | ランドヌ東京 Randonnêurs Tokyo

2017年最後のブルべは籠坂峠を越えて山中湖から富士山を拝みましょう。2015年は真夏に開催したコース。今回は運がよければ紅葉が見れるかも。激坂は回避し獲得標高2300m程度と、コース自体は200kmブルべでは標準的な難易度。

まずは、AJ東京のサイトを確認しよう。
エントリーリストを確認すると98人が今回の参加者みたいです。
きちんと自分の名前が乗っているのか確認しましょう。

忘れてはならないのは、宣誓書をプリントアウトして、熟読後フルネームのサインと印鑑を押してください。
当日忘れるとピンチです。
続いて、自転車と自分自身の装備の確認です。

現在はまだ公開されていませんが、開催2週間前にキューシートが公開されます。
キューシートとは、今回のブログのコースが記載されています。
当然チェックポイントを通過しなければ完走の認定を受けられないのでコースを覚えることは必須です。
キューシートもプリントアウト(縮小して)万が一の時に見れるように作成しておいてください。
迷わず走るための良いアイテムはやはりガーミンのGARMIN(ガーミン) Etrex 30x 英語版を購入しておくと良いでしょう。
乾電池で24時間駆動するのと、日本語化することができるのでおすすめです。
エッジ520でルートを表示させると最悪バッテリーが切れてログが残せなくなる可能性があることを覚えておいてください。

GARMIN(ガーミン) Etrex 30x 英語版
GARMIN(ガーミン)
売り上げランキング: 84,879

日本語化については、過去にやしゅひろが行った方法がこちらの記事に記載されているので参考にしてください。

etrek30xの日本語化ってどうやれば良いのでしょうか?

はいはいはい おはようございます。 本日は、etrek30(英語版)のメニュー日本語化について説明したいと思っています。 USBケーブルで、etrek30xを繋ぎPCに認識させる。 garminフォルダの中身を全て、PCにバックアップをとって下さい。 なぜかは、分かりませんが非常に時間が掛かります。 …

ここまでやって準備の6割完了です。

続いて、自転車とウェアの確認です。

ブルベに必要な自転車の装備

自転車の装備で必要なものは、それほど多くはありません。
今回出走するのは200kmとブルベとしては初級編です。今回のコースも200kmの中では獲得標高2300mくらいなので標準的と言えるでしょう。
つまり、通常の200km装備で問題なしということです。
通常の200kmブルベの自転車の装備は、ベル、前照灯、後赤色灯になります。
ベルは現時点で装着されているので、問題無いと思いますがライト関係は必ず予備を持っておいてください。
車検時に電池切れや、充電して自転車に付け忘れなどがあった場合に出走できなくなります。

やしゅひろは、今のところジャルーンで走ろうと思っているので、今回新たにベルを購入しました。
ジョジョとタイガースファンはライトの予備持っていますか?

キャットアイ(CAT EYE) HL-EL1020RC VOLT1700 ライト 充電式 5342640
キャットアイ(CAT EYE)
売り上げランキング: 10,413

今から購入するなら、600キロブルベにも使用可能なボルト1700をおすすめします。海外通販なら若干やすいのですが今から購入した場合間に合わないかもしれないので、Amazonで購入しちゃうのが早いと思います。

リアライトの予備は乾電池式をおすすめします。
理由としては最悪コンビニで乾電池を購入することが可能だからです。

後は車両のチェックをショップでしてもらっておいてください。

ブルベを走るウェア装備編

まずは、必ず購入しないといけないものは反射ベストでしょう。

普通は反射ベストは持っていないと思うので、必ず購入しておいてください。
また、当日は雨でも決行されるのでレインウェアと長袖ジャージ、ビブタイツ、くらいは必要になると思われます。
10月も下旬になるので、山中湖あたりや夕方以降の気温は結構低くなっていると思われますのでそれなりの装備をお願いします。

レインウェアは価格的にもこれくらいで良いかと思います。

Castelli Squadra ロング防水ジャケット 2017

蛍光イエローカラーもありますよ。

Castelli Puro 2 Long Sleeve Jersey – Black

長袖ジャージならこのあたりかと思います。

Castelli Nanoflex 2 Bib Tights – Black

雨の中を走る可能性を考えると、やはりカステリのナノフレックスが無難だと思います。

とりあえずこの程度の装備の準備はしておいたほうが安心できると思います。
グローブもそろそろ指切りだとキビシイ時期に入るかもしれないので、グローブの装備も考えたほうが良いかもしれません。

最後に・・・

当日は天気も良くてきれいな紅葉を見ながら富士山をバックに写真が撮りたいですね。
体調管理をしっかりとお願いしますね。

スポンサードリンク



新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください