海外では発売済みとなっていたGarmin VIRB 360がやっと国内で発売されるようですが全天球の本命になれるのか?

始めに・・・

海外ではすでに発売されているVIRB 360が日本国内でも9月28日に発売することが発表されました。
やしゅひろは、全天球のカメラはかねてから欲しかったのですが、リコーやニコン、コダックなどから発売されていますが、興味はそそられましたが実際に購入するには至りませんでした。
今回こそは期待に答えてくれるカメラであることを願っています。

VIRB 360とは・・・

VIRB 360 | スポーツ・アウトドア | 製品 | Garmin | Japan | Home

5.7K/30fpsの解像度と4Kの全天球スタビライゼーション機能を搭載した丈夫な防水360度カメラです。

日本国内ではガーミンジャパンから発売される最大5.7K/30fpsの撮影が可能なGPS内蔵全天球カメラです。
前後にカメラを装備して、5.7K(2880×2880ドット、アンステッチ)を撮影可能となっています。
4方向のマイクを搭載して全周からのサウンドを録音し、映像再生時には動画の向きに合わせたサウンド再生が可能。また、ボイスコントロールが可能な「OK、Garmin」で撮影スタートできる。
本体は10m防水。サイズはおよそ幅39×奥行き59.3×高さ69.8mm、重量はおよそ160g(バッテリー含む)。製品には本体に加えて充電クレードル、アクションクレードル、三脚クレードル、三脚/ハンドグリップなどが付属。価格は9万9800円。

やしゅひろが購入するためには、充電しながら撮影が可能になることと、ケイデンス、パワー、心拍などを手軽にオーバーレイできる環境ができていること。
この2点が必須と考えています。
最後に問題なのが、自転車で走行動画を作るためにどこにマウントを設置するのか?
これが一番問題だと考えています。
ヘルメットは頭が動くと画角が動くので見づらいと思うし、ハンドル周りは、自分の体がずっと写っている状態になってしまう。
結構設置場所に考えてしまうのです。
まだ発売まで時間があるので設置場所を考えてみます。

スポンサードリンク



新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください