ウィリエール ジャルーンをプントロッソ東京で正式に予約を完了したので、後は待つだけ!

先日仮予約したウィリエール ジャルーンですが、この度正式に予約と支払いが完了しました。
今のところ店長に入荷はいつなのか確認したところ、9月中旬になるそうです。
それまで雨が降らないことを祈るしかありませんが、プントロッソ東京は目黒にあるのですが、100Km前後走った後に行くのに正直躊躇してしまいました。
仕事が19時くらいに終わりお店の営業時間は20時までとなっていたので急いで行ったのですが、Google先生のナビは、最短ルートを選んだら階段を2回ほど上る羽目になってしまいシクロクロスを一人でやっていました。
店舗に到着すると、店長が一緒に走った事あるよね?と、ちゃんと覚えていてくれました。
確かに尾根幹で一度一緒に走ったことがあるので、こういったこと言ってくれるのは素直にうれしいものですね。
内金だけで良かったのですが全額入金しておきました。
それにして、常連さんが4人くらいいたのでちょっと入りにくかったのですが皆さん話すと良い方達でした。
これで、とりあえずの対策は出来たはずなのですが、気になってきているのは東洋フレームのディスク対応のフレームなのです。
完成したフレームは一発で気に入ったのですが、走らせ方が違うので出来れば同じジオメトリの仕事用のフレームが欲しくなってきてしまいました。
あと、やはりコンポがスラムなのは個人的に悩ましいところなので、どうしようかなぁって感じなんです。
流石に普段用で、ハイブリットカーボンのディスクを使うのは怖いので、クロモリのROAD-D フレームセットで製作を依頼して、出来上がる頃にCampagnoloのH11も入荷するみたいなスケジュール感を狙っています。
これを2年位使って、次にハイブリットカーボンのディスクを購入してパリブレストパリに2019年に出走するなんて夢が膨らみますね。
ハイブリットロードの製作を依頼したときにメンテを行えば10年はしっかり使えると東洋フレームの石垣さんから言葉を頂いているので、9月に入ったら前向きに製作を依頼しようと思っています。

カラーリングに黒メッキを施すことが出来るのか確認したところ、難しいと言われているのでホワイトの蓄光カラーなんて夜のブルベに丁度良いかもなんて思っています。
日常で使うフレームなのでシンプルなカラーにしたいのですが、蓄光カラーも無理と言われてしまうと、非常に悩んでしまいます。

スポンサードリンク



新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください