タイガースファンさへ贈る完成車から次に買うべきホイールを価格帯別で教えましょう!

投稿日:

始めに・・・

昨日のツール・ド・フランス観戦飲み会の中で今よりも、ラクに速く走れるようになりたいタイガースファンさんのために、今日はホイールの特集をしますと約束したので、記事をアップしたいと思います。

5万円以下で費用体効果の高いホイール

やしゅひろがオススメする5万以下のホイールでいま購入するならこれをおすすめします。

DT Swiss R23 Spline Wheelset: Image 01

DT Swiss R23 Spline Wheelset

5万円以下の筆頭候補は今やこのDT swiss R23だと思います。
PBKでクーポン【WH5】を利用すれば35,000円で購入できのだから素直に安くて良いと思います。

Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 クリンチャーロードホイールセット 2017

二本目はある意味ベンチマーク的なプロの練習用ホイール着用率No1のカンパニョーロのゾンダでしょう。
価格もどこで購入してもほとんど変わりません。

10万円以下で費用対効果の高いホイール

Shimano – Dura-Ace (デュラエース) 9100 C24

シマノのホイールで一番ヒルクライムイベントで装着率の高いホイールがC24です。

Fulcrum - Racing Zero (レーシングゼロ) C17 Competizione クリンチャー

Fulcrum Racing Zero C17 Competition Wheelset 2017

フルクラムのアルミリムホイールの最高傑作品のCULTベアリングが装着されているホイールになります。
後からCULT化するのに5万かかることを考えると非常にオトクなホイールです。

10万円以上のホイール

Campagnolo Bora Ultra 35 Clincher Wheelset 2018

高級ホイールの代名詞といえばボーラでしょう。
もはや資産価値のあるホイールなので、後で売却しても高値で売り抜けることができます。

Enve 3.4 G2 SES Clincher Road Wheelset

今やエンヴィも高級ホイールの仲間入りを果たしました。
国内で購入したら軽く40万オーバーです。
走行性能は折り紙付きなのですが、もはや費用対効果などは考えてはいけませんね。

最後に・・・

もちろんこれ以外にも良いホイールは存在しますが、今回はコストパフォーマンスに優れるホイールを集めてみました。
タイガースファンさんぜひホイールを購入して、ラクに速く走れるようになってください。

スポンサードリンク



新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください