4月中旬から始めた糖質ダイエットで体重が76kgから67kgへ落とした食生活を教えよう!

投稿日:

始めに・・・

4月に健康診断を受けた際に、血糖値と中性脂肪が基準値を超えてしまった為に、ダイエットを始めようと決意しました。
何より、自転車で上りに行くときに軽い方が圧倒的に上りやすくもなるし、20歳くらいの時は今の身長で57kgだったことを考えると、確かに体重は増えすぎている。
過去にも糖質ダイエットを始めて、その時は85kgから68kgまでダイエットをして、徐々に食生活が元通りとなったら体重がだいたい75kgまで戻っていました。
本日は、軽量化した方向けに私の食生活をお教えします。

やしゅひろの食生活のルール

基本的に、米、パン、麺類、等の炭水化物が含まれている物を摂取しない!
因みに自転車に乗る日は摂取しています。(朝、昼、夜)
飲み物は、ブラックのコーヒーまたは、お茶、紅茶(無糖)、水、炭酸水です。
こちらも、自転車に乗る日は好きな物を飲んでいます。
また、炭水化物が全く入っていない物はなかなかないので、購入するときの一つの目安は、炭水化物10g以下の商品と決めています。

一体何が食べられるのか?

上記ルールで食べられる物であれば、とりあえずお腹がいっぱいになるまで食べてOKです。
食べられる物は、主に、牛肉、豚肉、鶏肉、野菜、大豆製品、魚類に限られてきます。
通常、米やパンや麵が主食と呼ばれる物になりますが、やしゅひろの軽量化メニューはタンパク質が主食となります。

一日のメニュー

朝食

納豆、豆腐、卵、サラダ、ツナ、コーヒー

昼食

いきなりステーキで、リブロースを400g

夕食

サラダ、塩鯖、焼き鳥、ししゃも

最近は大体こんな感じのメニューの様な気がします。
食べられる食品に制限は出ますが、お腹一杯になるまで食べ続けて下さい。

効果のほどは・・・

最初の一週間は、体内に残っているこれまで食べてきた炭水化物が抜けるまで時間が掛かるので、3kg程度になるでしょう。
次の一週間継続するときには、スタート体重から概ね5kgくらい軽量化されています。
ここまでは、割とスムーズに行きますが、ここからは時間が掛かります。
大抵一週間は体重は変わりません。
停滞が一週間続いた後、1kgくらい落ちます。
その後、また一週間停滞して、また1kg落ちます。
やしゅひろの場合は、70kgを下回るのに2ヶ月半くらい掛かりました。
この食生活を継続していると、徐々にお腹いっぱいになる量が減ってきます。
このお腹が一杯になる量が減ってきて、70kgを下回れました。
そして、本日現在67.1kgを達成中です。
画像は昨日現在の体重です。

おかげさまで、肉マイレージカードがプラチナにランクアップしました。

いきなりステーキのお薦めの食べ方

何度足を運んだか分からない位通った結果全てのメニューを食べてたどり着いた!
やしゅひろ理想のメニューをせっかくなので紹介しておきます。

肉は、リブロースが一番無難だと思います。
旨い順に記載すると和牛サーロイン>トマホーク>リブロース>国産サーロイン>アメリカサーロイン>ワイルドステーキ>ヒレの順番です。
但し、和牛は旨いのですが、量は食べられないです。(油で気持ち悪くなる)

必ず、オーダーするものは、大根サラダレギュラーにブルーチーズソース、すこやか茶です。
ライスは当然食べません。
また、ステーキの付け合わせのコーンはブロッコリーにチェンジします。

注文をするとサラダが最初に出てきますので、ブルーチーズソースを掛けて食べます。
サラダを食べ終わる頃に、大抵ステーキが出てきます。
ステーキは、最初はそのまま半分くらい食べて、次に、塩と黒胡椒で半分食べて、最後にわさび醤油で締めとなります。
最後に脂身を残すと食べにくくなるので、最初の方に脂身を食べることをお薦めします。
やった事がない人は、とりあえず食べてみて下さい。

最後に・・・

無事軽量化がなされたら後は有酸素運動能力をこのサプリで補いましょう。

レビューカフェインやアルギニンのほかに、ガルシニアに含まれるHCA(ハイドロキシクエン酸)や長胡椒の一種であるヒハツ抽出物を配合。トレーニングによって体を目覚めさせ、熱くなりたい方のためのサプリメント。●容…
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

発売日:2016-06-17
レビュー手軽に摂れる、呼吸持久系サプリメント。酸素運搬に着目した素材パプリカキサントフィル(パプリカ色素由来)を製品3粒当たり9mgしました。また、ビタミンEを1.5mg配合しました。有酸素運動で持久力を高…
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

スポンサードリンク



新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください