道志みちサイクリングのつもりで参加したけど、コースも強度もサイクリングじゃなかったお話し

投稿日:

始めに・・・

6月24日(土曜日)にばたろう君とピークス6位の青ジャージ君と道志みちサイクリングに行ってきました。
当日は5:00にサイクルショップあしびなで待ちあわせだったので、4:00に起きてサイクルショップあしびなへ向かいました。
本日はやしゅひろのサイクリングのドキュメンタリーとなります。

5:00 サイクルショップあしびな前

本日のスタート地点です

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –

約束した時間の5分前に到着したけど誰も来ていませんでした。
ばたろう君は時間ピッタリに来たけど、青ジャージ君は余裕の5分遅れで到着3人はまず、矢野口前のローソンを目指して出発しました。

相変わらずばたろう君と青ジャージ君は速くて、忍ばず通りのちょっとした坂をスイスイ上っていきます。
新宿に着く頃には引っ張られてやしゅひろは足を削られ初めていました。
甲州街道に出てからは終始35キロから40キロ位で青ジャージ、はたろうトレインに引きずられて、矢野口に到着するのに掛かった時間は1時間15分位なので結構速いペースでしたが、二人はケロッとしているので、こんなのは当たり前なのでしょう。

矢野口ローソンに到着すると青ジャージ君はストレッチを初めていました。
やはりピークス6位ともなるとセルフケアは万全です。
それを見ていたばたろう君も青ジャージ君にストレッチを手伝って貰っていました。

写真だけ見るとはたろう君がキックをしているように見えるかも知れませんが、コレはストレッチしています。
高らかな笑顔の青ジャージ君は身体の硬いばたろう君を手伝いながらコレカテぇなぁ~と、喜んでいました。
ストレッチが終わった3人は、尾根幹を走り始めました。

尾根幹~道志みち

青ジャージ君とばたろう君は尾根幹の坂道をスイスイと上っていきます。
対するやしゅひろは、こんな速度で走った事が無い位の速度で走らされています。
30分掛からない位の時間で尾根幹を抜けて、橋本経由で道志みちへ突入しました。
道志みちはアップダウンが続く上り勾配のコースでやしゅひろは信号が赤に変わってくれるのを切望しました。

写真は橋本駅付近ですが、終始二人はケロッとしながら時には二人で喋りながら、スイスイと坂道を走っていきます。
道志みち途中のセブンイレブンで休憩する頃にはやしゅひろの足は終わりを告げようとするくらいの所まで来ていました。


コンビニでは、パワー系の人はジャンプを練習した方が良いと青ジャージ君が言っていたので、ジャンプしていました。


写真は踊っているわけではありません。
今正に才能の塊の青ジャージ君がジャンプをする直前の写真です。
彼の跳躍力は是分イレブンの看板の白い所まで歩く届いていました。
こうして休憩が終わり走り始めました。


途中で神奈川県内の道志みち最高標高の看板を超えて、目的の峠の入り口で再度休憩にして貰いました。
ここの休憩では、3人でAssosポーズをして写真撮影して気分をリフレッシュしました。

Assosポーズ

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –

Assosポーズ

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –

青ジャージ君の逞しい身体が強調されていますね。

Assosポーズ

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –

Assosポーズ

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –

ばたろう君とやしゅひろもやってみましたが、青ジャー君にはかなわなかったです。
この後、早速峠道に突入したのですが、やしゅひろの脚は本日売り切れていまして、同時に三カ所が攣りました。
攣った場合足を止めるとますます痛くなるので、くるくるペダルを回して攣りから回復するの待ちながらチンタラ上っていきました。


上りきった後は下りです。
下り切った先のコンビニで昼食なので、気分は上がりました。


下った先のコンビニで昼食を購入する際に気がついたので、店員さんがひとりかわいい人がいました。
最近都内のコンビニの外人ばかりを見ていたので、そういえば昔はこういう感じだったなぁ~となんか懐かしさを覚えました。
お昼ご飯を食べて、はたろう君この後のことをきいたら、この先は下り勾配で上りが二つと言われたから少しうれしかったのですが、走り始めたらいきなり道路が上っていました。
これが、一本目の上りかどうか聞くとウォーミングアップとのことでした。
これだけ走っているわけだから必要無いと思いながら、やっぱりサイクリストの事は油断ならない都感じました。
途中で、青ジャージ君がブルベの時に食べた事があるまんじゅう屋さんで味噌味のまんじゅうを食べて、3人はチーム右京が練習に使っていると言われるコースを走りました。
二人は、スイスイ走ってやしゅひろは足が終わっているのでチンタラ走り甲州街道を目指し、進んで行きました。

暇だ

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –


このバス停の所でやしゅひろのトラブルが発生しました。
チェーンが内側に落ちてフレームとチェーンリングに挟まってしまいました。
手で抜こうとしても抜けず、一人途方に暮れました。
まずは、ショップの店長に電話して、方法があるか確認しましたが引っ張るしか方法はなさそうです。
次に二人にLINEを送っておきました。
その次に、自分が加入している自転車保険のロードサービスに電話をしました。


そうこうしているときに青ジャージ君から電話をもらい、二人が戻ってきてくれました。
ロードサービスは自分の所まで来るのに50分掛かるのと、50キロまでが保険の範囲内で50キロから先は1キロ600円の運賃と言われたので、まだ自宅まで80キロ近くあるので、30キロ走ったら24000円も掛かるので、近くの自転車屋さんを探すことにしました。
電話でサイクルベースあさひがあったので電話をして持ち込む事を伝え、ばたろう君と青ジャージ君はサイクルベースあさひへ向かって貰いました。
大体45分後にロードサービスが到着。

ロードサービスに自転車を乗せました

Ono Yasuhiroさん(@yashuhiro2010)がシェアした投稿 –


今回は普通の乗用車でした。
自転車を乗せて、サイクルベースあさひまで運んで貰いました。
サイクルベースあさひには結局Campagnoloのクランクを外す工具が無かったので、ネットで別の自転車屋さんを探して、無事に工具を借りることが出来て修理が完了しました。

ちなみに工具を貸していただいたのはこちらのショップになります。

東京(八王子)のロードバイク専門店 | First Bikes International(ファーストバイクスインターナショナル)

First Bikes Internationalは東京の西八王子にある、ロードバイク専門店です。ロードバイクのパーツ販売や整備のことなら何でもお任せください。


非常に助かりました感謝致します。
相当なタイムをロスしましたが、自走可能になったので後は甲州街道を新宿方面に走るだけです。
平坦のコースなので時速35キロ前後で走り、自宅には9時くらいになんとか到着できました。

最後に・・・

青ジャージ君とばたろう君つきあってくれてありがとうございました。

スポンサードリンク



新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください