PARKTOOL SCHOOL(パークツールスクール)の短期集中講座に申し込みをしました!

始めに・・・

申し込みをしてからしばらく経ちましたが、ブログの記事にしていなかったので本日記事にしました。
今回パークツールスクールを受講しようと思った経緯は、自転車をただ組み立てるだけであれば本を買ってきてさえすれば、時間を掛けることによってとりあえず形にする事は出来ますが、正しい工具の使い方や正しいトルクの管理方法や自転車の正しい組み立て方などを一度専門の方に教わりたいと思い今回ネットを探していたらパークツールでおなじみのホーザンが講習の受付を行っていたので、申し込みをして見ました。

パークツール日本語版【ホーザン】

工具総合メーカーのホーザン(株)。手動工具(ニッパー・ペンチ・ピンセット・圧着工具他)、金属加工工具、工具セット、はんだ付け用工具類(こて台フラックス他)、工具箱(ケース)、静電気対策品(イオナイザー他)、実体顕微鏡(ルーペ)、エアダスター、クリーンブース、サンドブラストまで幅広い分野に応える豊富な工具類をラインナップ。

『PARKTOOL SCHOOL JAPAN』とは・・・

世界中の自転車ショップ、レースメカニックの間で最も使用されている工具ブランド“PARKTOOL”。
『PARKTOOL SCHOOL』は、アメリカを始めとして世界 7 か国で開講されているスポーツバイクメカニックスクールです。
『PARKTOOL SCHOOL JAPAN』ではスポーツバイクに興味を持つ皆様に、
メンテナンスを通じて、自転車ライフをさらに充実していただくことを目的としております。
講習内では正しい工具の使用方法からスポーツバイクの組み立て、
修理方法などを解説から作業までワークショップ形式で受講していただきます。

null

null

実際に講習を行うのは、ドゥロワーの講師陣で、今回申し込みをしたコースは山路 篤(やまじ あつし)さんが講師みたいです。
実際になじみのショップにパークツールスクールの話しをしたところ、かなりまともな講習で非常に良いと言って頂けたので、今から当日が非常に楽しみとなっています。

因みに今回申し込みをしたのは、短期集中講座となります。
講習の内容はこんな感じです。

土日の二日間で自転車のオーバーホールをするようなメニューとなっています。
自分の自転車の持ち込みも可能なのですが、今回は新しいフレームが間に合わないので手ぶらで行くことになりそうです。
ココで教わったら当然工具も欲しくなってくるに違いありません。
一応やしゅひろはパークツールの工具はとりあえずは持っていますが、メンテ台や振れ取り台なども欲しくなってしまいそうです。
工具セットを持っていない方はこの辺を買っておけば問題はなさそうです。

最後に・・・

新しく自転車マストドンインスタンスを立ち上げました。
やしゅひろのアカウントはyashuhiro@bicyckemstdn.jpです。
気軽に登録・フォローして下さい。
登録は以下より出来ます。

bicyclemstdn.jp

このインスタンスは、スポーツバイクをこよなく愛している人たちのインスタンスになります。 ロード、マウンテン、TT、シクロなどそこに愛があればOKでしょう! 楽しく行きましょう!



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください