雨が降っていても自転車への情熱があれば、メッセンジャーじゃ無くても走る事は可能だと言うことを本日学びました!

昨日は、ジョジョとタイガースファンとやしゅひろの三人で初めての100㎞サイクリングを決行してきました。
自分と、ジョジョは6:00に待ちあわせをして、一路矢野口ローソンを目指して走り始めた頃から天気予報通りに雨が降り始めました。
雨は次第に強くなり矢野口までの甲州街道を走る二人の巡航速度は、ジョジョに合わせるため20㎞台なのでやしゅひろの体温は雨に奪われていきました。
流石に寒いので、鶴川街道に出た時点でジョジョにこのまま真っ直ぐ行くと左手にローソンが見えるからそこが待ちあわせ場所ということを伝えて、自分はダッシュして矢野口ローソンへ先に到着しました。
到着すると、タイガースファンが先に付いていたみたいですでにビチャビチャになっていました。
矢野口ローソンで一時間くらい食事と休憩をして、ゴム手袋とサランラップを購入して、ラップはジョジョの身体に巻いてあげました。
やしゅひろも足と腕に巻き付け走る準備を整えました。
当初は表尾根幹とジャイアンツ坂と小山田周回を予定していましたが、二人の気持ちが折れ掛かっていたのでコースを変更して走る事を提案して走り始めました。

上記が本日走ったログになりますが、最初に行ったのがジャイアンツ坂です。
タイガースファンと、ヤクルトファンはまさか負けるわけ無いよね?と釘を刺して上って貰いました。
その時の走りがこちら

正に、そこには虎の様な表情をしながら坂を上るタイガースファンがいました。

ジョジョは何故か笑みを浮かべながら上っていました。

ジャイアンツ坂を下り、どこに行こうか考えてながら裏尾根幹の最初の坂を思い出してそちらを目指しました。
確かあそこは最大18%くらい合ったはずです。
彼らには未体験の世界を体験して貰いたく内心ウキウキしながら向かいました。
その時の走りはこちら

二人にはかなりキツかったらしく、後で聞いたときにもこの坂が一番キツかったそうです。
ちなみにジョジョはスプロケを交換して32Tを装着しています。
ここから表尾根幹へ出ると丁度バーミアン坂に出るのでついでにそこも上ってきました。
その時の写真はこちら

軽く絶望しています。

この後に、連光寺を上ってきましたが写真は撮っていません。
因みにタイムは、
ジョジョが9:57
タイガースファンが、9:44
やしゅひろが6:23
でした。
やっぱり自分はもっと練習しないといけないみたいですね。
この後は一度矢野口ローソンへ戻り、ラファ東京で食事をしに行きました。
ラファへ向かう途中でジョジョはハンガーノックに陥って一度止まって食べ物を食べて貰いました。
ラファの中は非常に暖かく自転車を中に入れさせてくれたりして非常に助かりました。
食事を食べ終わる頃には、何故かタイガースファンが、タクシーで帰りたいみたいな事を言い始めたので自転車の世界ではそういうのはDNFというのを教えてあげました。
寒いを連呼するので、スープを振る舞ってあげたところ自走で帰る意思決定をしてくれました。
ラファ東京で、タイガースファンと別れジョジョと二人で帰りました。

自宅に到着して即座に風呂に入って見ると、身体が芯から冷えていたことを実感出来ました。
思えばこれだけの雨が降っていつ状態で走ったのは、グランフォンド八ヶ岳とピークスラウンド2以来のことです。
初心者の二人がこれだけの走りを見せてくれたのは素直にスゴイと思います。
結果的に100㎞サイクリングは出来なかったので、次回こそ100㎞サイクリングを完遂したいと思います。



スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください