空気入れもついには電動に、スマートエアポンプ M1があればCo2ボンベもいらなくなるよ!

遂に自転車用のポンプにも電動化の波が押し寄せてきました。
これがあれば、携帯ポンプもいらないし、Co2ボンベもいりません。


しかも、スマートエアポンプ M1はスイッチを押すだけで設定した空気圧まで自動的に注入でき、液晶ディスプレイにより空気圧を4単位(PSI、BAR、KPA、kgf/cm2)で設定が可能なため、初心者でも簡単に操作できる。

空気圧は、7.0BAR位まで自動的に4分弱で注入してくれます。
バッテリーは、フル充電に3時間で、一度の充電で6ヶ月は使用できるみたいです。
MTBの場合は、3回注入出来るみたいなので、ロードバイクの場合は6回くらいは出来そうです。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください