Polar M600を使用して約20日経ったので、使用感のレビューをしてみます。

始めに・・・

今月の7日に到着したPolar M600を使用して約20日が過ぎようとしているので、使用感についてレビューしてみようと思います。
今回のレビューは主に活動量計として日常の使用感についてとなります。

①Android Ware端末として・・・

これまで、やしゅひろはAndroid Ware端末は、M600とmoto360の2機種を使用してきました。
比較の対象としては、発売時期が年単位で違うので、やしゅひろ的には両者でかなり違いを感じました。
まず、バッテリーの持ちが全く違い、moto360は正直1日使用するだけで、バッテリーが風前の灯火となっていましたが、Polar M600は時計を常に表示したままでも1日使用した場合70%くらいバッテリーが残っていることに驚きました。
正直ガーミンのフォアーアスリート235Jに近いバッテリーの持ちです。
コレは、正直うれしい誤算でした。
続いて、スクエアな画面についてですがAndroid Wareは丸い画面の端末が多く、ウォッチフェイスなどは中々良い物が見つかりませんでした。
現在利用中のウォッチはこちらです。

Watch Face Y360Play icon Watch Face Y360

制作:

 

価格: 無料
平均評価: 4.2(合計 440 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

今のところやしゅひろの中ではコレを超えるウォッチフェイスがない状況です。
良い物があればすぐに乗り換えますよ!
とりあえず、ステップが表示されているので活動量の確認が一番しやすい所がお気に入りです。

②心拍センサーの精度・・・

心拍センサーの精度については、伊達にセンサー6つも付いていないということが分かりました。
コレまでのガーミンよりも、圧倒的に細かな変動に追従してくれるのは、M600の優秀さが実感出来ました。
正直胸の心拍センサーはなくてもOKです。
問題は、ant+に対応していないので、ガーミンのサイコンとデータをどうやって同期させるか?
こちらの方が問題かも知れません。

③本日のまとめ・・・

とりあえず、やしゅひろてきにPolar M600は非常に満足度高いです。
ロードバイクで使う為にも、Polarのサイコン、マウント、センサーを買ってしまいそうな勢いです。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください