Polar(ポラール)M600でサイクリングをするときに各種データをとれるようにBluetooth対応のセンサーを探してみた。

始めに・・・

現在やしゅひろが使用中の、サイコン、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、パワーメーターなどは、全てANT+規格のものですが、今回Polar M600を心拍計としてサイクリング時に利用した場合は、規格が違うため1つのログにする場合はPCでデータ編集が必要になります。
そこで、Bluetooth対応のサイコン、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、パワーメーターを調べてみました。

Bluetooth対応のサイコン

今回は、ポラールを基準としているので候補は当然ポラールのサイコンになるでしょう。
現時点で購入可能なポラールのサイコンはこちらの2機種になります。

POLAR(ポラール) M450 ホワイト(GPS内蔵)【日本語対応/日本正規品】 90055539
POLAR(ポラール)(2015-10-02)
売り上げランキング: 100006

ポラールのサイコンは、海外も国内も価格に違いはなさそうですね。
やはり、この分野はGarminが一強なのでGarminが高く感じてしまうくらい安いですね。

Bluetooth対応スピードセンサー・ケイデンスセンサー

こちらも、ポラールのサイコンを使用するにあたりセンサーもポラールしたほうが安心できるでしょう。

Bluetooth対応パワーメーター

感じ要のパワーメーターもポラールから発売されているKeo Power Essential Bluetooth Smartがある意味純正装備になります。

上記の違いは、左右でパワー測定を行うか、左のみでパワー測定を行うかの違いになります。
現時点ではペダル式は価格がやや高めに感じてしまうことと、やしゅひろはスピードプレイを使っているので、ペダルを改宗しなければなりません。
他も探してみたらこんなのがありました。


PowerTap – P1 ペダル式パワーメーターセット


PowerTap – C1 チェーンリングパワーメーター

ホイールのハブ型パワーメーターでおなじみのパワータップからペダル型とクランク型のパワーメーターになります。
こちらは、BluetoothとANT+の両方に対応しているので、中々興味深い商品です。
精度は、コレまでの実績があるので問題無いでしょう。
やしゅひろが利用するのであればクランク式を検討します。

Stagesステージズ Power Meterパ ワーメーター Shimanoシマノ Dura Ace 9000
Stagesステージズ
売り上げランキング: 142927
Stagesステージズ Power Meterパ ワーメーター Shimanoシマノ Ultegra 6800
Stagesステージズ
売り上げランキング: 82722

やはり、イチから全てを揃えようとすると、安く見積もっても10万円コースですね。
それでも、Garmin+ANT+の機材で揃えるよりも安く収まっていますね。
もう1台の自転車の装備を見直すのもアリかも知れないと思ったやしゅひろでした。

ポラール エレクト ジャパンはこちら

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください