【ビギナー必見】最低限度のスポーツバイク整備用の工具は持っていますか?【4日目】


3日目を迎えた整備用の工具ですが、本日は最低限度の装備品に加えていただきたい工具はズバリ!トルクレンチです。
スポーツバイクはネジのトルク管理が重要です。
特にカーボンバイクに関しては、規定トルク以上のトルクで閉めた場合最悪フレームやパーツを破損してしまいます。
当然規定トルク以下の場合は、最悪乗っているときに事故に繋がる可能性もありますので、トルクレンチはある意味必須の工具と言えるでしょう。
数あるトルクの中で、やしゅひろが所有している工具はコチラになります。

KTC(ケーテーシー) デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK060-R3
KTC(ケーテーシー)
売り上げランキング: 16676

これが一番最初に購入したトルクレンチになります。
デジタル表示と、音で規定トルクを知らせてくれる商品になっています。

BIKE HAND(バイクハンド) YC-617-2Sコンパクトトルクレンチ ブラック
BIKE HAND(バイクハンド)
売り上げランキング: 4016

コチラが2本目に購入したトルクレンチになります。
持ち運びに使える工具ということで手軽な価格が非常に良い商品でした。

リッチー TORQUE KEY トルク測定器 5Nm
リッチー
売り上げランキング: 403557

コチラは、シートクランプをとめるために固定トルクのトルクレンチなります。
これは、サドルのバックに忍ばせてあります。

まだ、トルクレンチを持っていない方は、まずは1本購入しておきましょう。
スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください