ナイト君へキーパッドを買うならRazer Orbweaver Stealthにした方が良いよ!


本日は、やしゅひろが大好きなブランドの1つでもありますRAZERのキーパッドをご紹介したいと思います。
本日は、自転車に直接関係ありませんのであしからず。

PC周辺機器に置いて現在入力機器と言えば、昔からあるキーボード、マウス、トラックボール、ペンタブレット、キーパッドがあります。
本日LINEでナイト君から仕事でキーパッドを使うので、やしゅひろにわざわざきいてきてくれたのでLINEでは伝えきれなかった事を記事にしたいと思います。

現在RAZERのキーパッドには、3種類あります。

razer-tartarus-carousel-v2

まずは、ナイト君が購入しようとしたタルタロス

razer-orbweaver-hero

次に、オーブウィーヴァ

razer-orbweaver-stealth-hero-v3

最後に、オーブウィーヴァ ステルスです。

3機種のスペック比較になります。

Razer Tartarus Razer Orbweaver Razer Orbweaver Stealth
メンブレンキー採用 押し込み圧50gのフルメカニカルキー 押し込み圧45gのフルメカニカルキー
フルプログラム可能な25個のボタン フルプログラミング可能な 30 個のキー フルプログラミング可能な 30 個のキー
プログラミング可能な8方向サムパッド プログラミング可能な 8 方向サムパッド プログラミング可能な 8 方向サムパッド
8種類のキーマップを瞬時に切り替え可能 8 種類のキーマップを瞬時に切り替え可能 8 種類のキーマップを瞬時に切り替え可能
人間工学的に改善されたデザイン 人間工学的に改善されたデザイン 人間工学的に改善されたデザイン
最大限の快適さを提供する調整可能かつやわらかなリストパッド 快適性を高める調整可能なハンドサイズ・サムレスト・パームレスト 快適性を高める調整可能なハンドサイズ・サムレスト・パームレスト
文字数制限なしのマクロ機能搭載 文字数制限なしのマクロ機能 文字数制限なしのマクロ機能
無制限のゲームプロファイルを保存可能 無制限のゲームプロファイルを保存可能 無制限のゲームプロファイルを保存可能
暗い環境でも操作性に優れるバックライト付きキー 暗い環境でも操作性に優れるバックライト付きキーパッド 暗い環境でも操作性に優れるバックライト付きキーパッド
編組皮膜ケーブル 編組ファイバーケーブル 編組ファイバーケーブル
Razer Synapse 2.0 対応 Razer Synapse 2.0 対応 Razer Synapse 2.0 対応
幅: 153mm/6.03″ 幅:154mm/6.06 幅:154mm/6.06
高さ: 186mm / 7.32″ 高さ: 202mm / 7.95 高さ: 202mm / 7.95
奥行: 54.8mm/2.16″ 奥行: 55mm/2.17 奥行: 55mm/2.17
製品重量: 370g/0.66lbs 重量: 395 g / 0.87 lbs 重量: 395 g / 0.87 lbs

製品の違いは、タルタロスのキーがメンブレン方式で、オーブウィーヴァがメカニカルキーを採用している所と、マクロが25個か30個かの違いになります。
自分のおすすめは、確実にオーブウィーヴァ ステルスの一択になります。
入力デバイスにおいて求めるモノは、製品としての耐久性と、気持ちよさになります。
この場合、メンブレンよりメカニカルキーの方が耐久性は確実に上と言うことと、入力する気持ち良さもメカニカルキーの方が上なので、多少高く付いても妥協してはいけない部分になります。
そうなると、選択肢はオーブウィーヴァもしくはオーブウィーヴァステルスになってくるのですが、メカニカルキーにも種類があって、現在RAZERが採用しているメカニカルキーは緑軸とオレンジ軸になります。
緑軸は、カチャカチャ音がするので結構うるさいです。
オレンジ軸は、商品名にSTEALTHと名前が付くだけあり入力時の音が、緑よりも圧倒的に静かなのと、押し込み圧が5g軽くなっているのが非常に良い感じとなっています。
しかしながら、オレンジ軸の商品はRAZER公式サイトでないと買えないので、下の画像オーブウィーヴァをクリックすると、商品ページに飛ぶようにしておいたので、ナイト君こっちから買って下さい。
セレクトの所をSTEALTHに変更して下さい。

razer-tartarus-carousel-v2

razer-orbweaver-hero
スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください