ロードバイクのブレーキシューは何を使っているのでしょうか?

始めに・・・

皆さんはロードバイクのブレーキシューは一体何を使っているのでしょうか?
完成車に付いてくる純正のブレーキシューでしょうか?
自分は、CampagnoloのアルミリムホイールはCampagnolo純正ブレーキシューを使用していますが、カーボンリムとマヴィックのエグザリットはスイスストップのシューを使っています。
やはり、タイヤとブレーキシューは、走る、曲がる、止まるの重要な要素になるので、ここだけはケチってはいけないようにしています。

Swiss Stopとは・・・

ご存じない方の為に簡単に説明致します。
1935年にSwiss Stopの親会社Rex Articoli Tecnici が靴用接着剤と化学製品のメーカーとして創業されました。
Rex Articoli Tecniciは、靴のゴム底に特化し、ゴムのコンパウンド製造ノウハウを築き上げて、そのノウハウを生かした自転車ブレーキシューの生産を行い、その制動力が高い評価を受ける。
現在ではマヴィック、DT Swiss、Easton、FFWDなどのホイールメーカーやSRAM、FSAなどのコンポとパートナーシップを組み、Swiss Stopのブレーキーシューが愛用されている。

現在利用しているホイールとブレーキシュー

現在所有のホイールは、ライトウエイト マイレンシュタインと、ゼンティス マークワンと、キシリウム125と、シャマルウルトラとボントレガーレースXライトの5本です。
このうち、Swiss Stopのブレーキシューのお世話になっているのはライトウエイトとゼンティスとマビックになります。

SWISS STOP(スイスストップ) RACE PRO BLACK PRINCE カーボンリム用 ブレーキシュー
SWISS STOP(スイスストップ)
売り上げランキング: 116090

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください