スペルガ(SUPERGA)って知っていますか?

始めに・・・

おはようございます。
やしゅひろです。
今日は申し訳ないのですが、自転車関係ありません。
昨日注文していたスニーカーが届いたのでうれしくて記事にいたしました。
購入したスニーカーはスペルガ(SUPERGA)のスニーカーです。
通常スニーカーだと、コンバースや、ナイキ、アディダス、vansなど色々選択肢が沢山あると思います。
やしゅひろにとってのスニーカーとは、仕事が休みの時に履くシューズの位置づけです。
ましてや近年休日はビンディングシューズを履いていることが多いためますます休日のシューズの位置づけは下がっています。
どこかに、周りに履いている人が少なくて、おしゃれなスニーカーはないものか?
探した結果、デザインと、価格の両立が取れているブランドが、スペルガ(SUPERGA)でした。

スペルガ(SUPERGA)とは?

スペルガ(SUPERGA)は、リゾート地で最も見かけるスニーカーとも言われる定番モデル「2750」を中心に、キャンバス生地のアッパーを使用したリラックス感の強いローテクスニーカーを生み出しているブランドです。

イタリアを代表するカジュアルスニーカーブランドであり、ベーシックで洗練された雰囲気のデザインが、各国のセレブリティをはじめとした幅広い層から愛され、100年以上昔からイタリアンシューズの老舗ブランドとして君臨しています。

ブランド自体は1925年に設立され、当初はテニスシューズのブランドとして発足。1930年代にはバスケットボールや、ヨット、体操といった様々なスポーツシューズを展開していましたが、現在はカジュアル要素の強いクラシックモデルのスニーカーを中心に展開しています。

日本国内では伊藤忠がマスターライセンシーとなり、セレクトショップやスニーカーショップなど、幅広い店舗で見かける定番スニーカーとしての地位を確立しています。

ブランド名「スペルガ(SUPERGA)」の由来

スペルガというブランド名の”スペル”に「スーパー(SUPER)」という言葉が入っている事に気が付いた人は、かなり勘が鋭いと言えるでしょう。

このブランド名は「スーパーゴム」という意味であり、1925年にウォルター・マティーニ社が製造していたゴム底シューズにこの「SUPERGA」という文字を刻印していたのが始まりです。

スペルガ(SUPERGA)のコンセプト

スペルガのブランドコンセプトはロゴマークの下にも書かれている通り「PEOPLE’S SHOES OF ITALY(イタリアを代表するライフスタイルシューズ)」となっています。

スポーツは万国共通ですが、ライフスタイルというのは気候などの影響もあって国ごとに歴史や特徴があります、そのなかでカジュアルシューズと呼ばれるものは大きく分けてアメリカ系、イギリス系、イタリア系に分けることができ、中でもイタリアンスタイルをルーツに持つのがこのスペルガ(SUPERGA)です。

そんな、イタリア文化に根付いたブランドとしてのスニーカーを生み出す、これこそがスペルガのブランドコンセプトなのです。

スペルガ(SUPERGA)の歴史

スペルガ(SUPERGA)というブランド名自体は1925年から使われていますが、このブランドを歴史は1911年に設立されたウォルター・マティーニ社に関する話まで遡ります。

1911年:ウォルター・マティーニ社が設立
1925年:スペルガの発売開始
1951年:ピレリ社に買収される
1975年:スポーツアパレルに進出
1993年:So.PA.Fグループが商標権を取得
2004年:ベーシックネットグループが製造販売権を取得
2007年:ベーシックネットグループが商標権を取得
では、スペルガの歴史について掘り下げていきましょう。

1925年:初代「スペルガ(SUPERGA)」の誕生
1911年に設立されたウォルター・マティーニ社は、当初タイヤなどのゴム製品をメインに取り扱っていましたが、1925年にゴム底靴を発表し、この製品に「スペルガ(SUPERGA)」と名付けたことでスペルガブランドは始まりました。

1929年:傑作「2750」の誕生
今や、モナコやカプリといったヨーロッパのリゾート地で見かけない日はない定番スニーカーとして愛され、日本国内でもスペルガで最も人気のあるスニーカーとして君臨する「2750」が誕生。
バルカナイズ製法によって生産されたスペルガの名作コートシューズです。このモデルをきっかけに様々なカテゴリーのスポーツシューズを発表し、ヨーロッパ中から知られるブランドへと成長しました。

1951年:タイヤメーカー「ピレリ(PIRELLI)」の傘下へ
F1などのモータースポーツが好きな人であれば知っている人も多い、イタリアを代表するタイヤメーカーであるピレリの傘下に入り、スペルガのスニーカーは業績が劇的に成長しました。
当時200万足程度だった生産数は、約20年で6倍の1200万足まで増加し、スポーツブランドとしての展開もあってスペルガはイタリアを代表するブランドとしての地位を獲得。

2011年:創業100周年
2007年から伊藤忠がマスターライセンシーとなったことで、日本国内での展開も増え、スニーカー好きな人たちからじわじわと人気が浸透。

今回購入したスニーカーは・・・

img_20160911_2120031 img_20160911_2120234 img_20160911_2120404 img_20160911_2120557 img_20160911_2121242 img_20160911_2121362 img_20160911_2121483 img_20160911_2122461 img_20160911_2125356

SUPERGA(スペルガ)のシューズはコチラ

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください