BRM903 東京200 いってこい伊豆網代パート2CP1~CP2まで・・・


あっという間に到着したCP1でちょこっと休憩をした後、本日の折り返し地点である伊豆網代へ走り始めたのであった。
CP1~CP2へのキューシートはコチラになります。

17 1.2 48.2 「岡崎道ヶ坪」信号通過後最初の十左 農道、市道
18 1.1 49.3 「ひらつか花アグリ入口」┬左 県62
19 0.2 49.5 「水神橋」┼右→360m先道なりに左 市道
20 0.5 50.0 ├右 農道
21 0.5 50.5 ┼左→「一旦停止」県道に出る 県63
22 6.6 57.1 「国府新宿」┬右 国1
23 12.1 69.2 「新宿」┼左 市道
24 0.1 69.3 ├右 市道、国1
25 1.7 71.0 「早川口」┼左 国135
26 9.2 80.2 真鶴道路料金所手前分岐Y左→旧道へ 国135
27 13.0 93.2 「東海岸町」┤左 国135
28 1.3 94.5 ┤左→国道トンネルを迂回 側道
29 0.8 95.3 ┤左→国道トンネルを迂回 側道
30 1.7 97.0 ┤左→国道「赤根トンネル」を迂回 側道、国135
31 4.7 101.7 PC2 FamilyMart 熱海網代店 国135 折返し






相変わらず余裕の青ジャージ君です。

坂道に入るとこれ見よがしで、弱い自分を追い越していきます。

農道を抜けて、国府新宿の交差点まで行くと海はすぐそばにありました。

それにしても、今回飛び乗った列車も速い過ぎます。

40キロオーバーの特急ですよ!

小田原市内に入る頃にはボロボロ雑巾のやしゅひろが一丁上がっていました。

やしゅひろは、青ジャージ君にボトルが無くなったので、コンビニへ行かせてくださいと懇願したところやっとローソンへ行かせてもらえました。

どうやら、店長とLINEをしているらしい。

今回の装備に店長も引いているとコンビニで言われましたが、ランドヌールに書いてあったように600キロ走るときはこの装備で200キロ走る訳なので、コレが正解だと反論しておきました。

実はやしゅひろは小田原に10年近く住んでいたことがありまして、この近くは非常に懐かしいものがありました。

GR021450

今日の青ジャージ君はカメラを向けると、急にうなだれて見せたりして演技にもだんだん磨きがかかってきていました。
↑の写真は全然苦しくないのに、この表情です。
下っていますよ道が・・・

GR021453

気を抜いた瞬間に本当の姿を捉えることに成功しました。
終始この表情で走っていました。

小田原を超えて135号に入ると景色が素晴らしいです。

GR021467

青ジャージ君はスルスル加速していきます。

GR021470

海が見えるコースは気持ちがいいですね。
日頃走るときは、最近山道ばかりだったので、こういう景色はものすごく新鮮です。
来年のPEAKSは伊豆らしいのでこういう景色が見れるのでしょうか?

GR021502

湯河原・真鶴を超えてついに熱海に到着です。
やはり観光名所だけあって、リア充のカップルが多かったですね。
幸せそうなカップルを尻目に黙々とペダルを回し続けていきます。

GR021506

そのころやしゅひろはヨレヨレでした。
軸がブレまくりです。
なんということでしょう!
なんて弱々しい後ろ姿なのでしょうか!

GR021509

GR021512

トンネルを抜けたその先は、青ジャージ君が過去に会社の旅行で訪れた場所に到着しました。

GR021518

途方にくれてますね
やしゅひろは・・・
一方青ジャージ君は・・・

GR021519

ピシっとしていますね。
GR021522

熱海城が一瞬見えたので撮影しておきました。

GR021523

そんなこんなで、なんとかCP2に到着できました。

IMG_20160905_2359484

CP2のレシートになります。
到着が11:15なので、まあまあなペースですね。
そして、昼ご飯を食べて復路の地獄が始まるのでした。

BRM903 東京200 いってこい伊豆網代CP1 CP2

Uploaded by Ohno Yashuhiro on 2016-09-06.



スポンサードリンク







コメント コメントを追加

  1. liontaro より:

    >来年のPEAKSは伊豆らしいのでこういう景色が見れるのでしょうか?
    出走確定ね、よろしくお願いします。(^o^)

    国道、車多くなかった?
    排ガス臭くなかった?
    ・・・田舎者の私は、車苦手なのよねぇ。

    1. wpmaster より:

      車は主要道路は多かったですが、裏道入ると大丈夫でした。
      排気ガスは気にしてませんでした。
      何分先生ほどゆとりないので!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください