ブルベ用にAPIDURA(アピデュラ)のバックを注文しました。


ブルベの準備にいそしんでいるやしゅひろです。
今日は、ポンド安の今値頃感の高いAPIDURA(アピデュラ)のバックを注文してみました。

APIDURA(アピデュラ)とは・・・

apidura
画像元※https://www.apidura.com/

ご存じない方のためにブランド説明させていただきます。
イギリスで生まれたバイクパックブランドであるAPIDURA(アピデュラ)。 「自転車は自由の象徴である」という独自の見解のもと、今までの伝統的なツーリングには必要不可欠だったラックやパニアを一切排除し、新たなバイクパッキングシステムを提唱するのがAPIDURA(アピデュラ)です。 伝統的な「サイクルツーリング」という文化に、「最先端の技術・素材」を取り込むことで、従来と変わらない運搬量で60%の軽量化に成功したり、装着に際して工具を全く必要としないバッグを開発しています。

今回購入したサドルバック・・・

apidura4
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

上記HPより本日は3点購入致しました。
この画面からサドルバックを選ぶと・・・

apidura1
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

この画面が出ます。
今回購入したモノは、大は小を兼ねるので、一番サイズの大きいSADDLE PACK(REGULAR)にいたしました。

apidura2
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

外環はこんな形

apidura3
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

大きさはこれくらいですね。

今回購入したフレームバック

apidura4
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

この画面からフレームバックをクリックすると・・・

apidura7
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

この画面がでます。
今回注文したモノは、ROAD FREAM PACK(LARGE)です。
幸いなことに自分のフレームは大きいサイズなので一番大きいサイズでも楽々使えてしまいます。

apidura8
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

見た目はこんな感じです。
携帯ポンプは確実に入りそうですね。

apidura9
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

トップチューブ長がL1より長くないと使えないですね。
H2がギリギリ過ぎるとボトルが入らなくなるので気をつけて下さい。
今回装着しようとしているフレームは、L1は58㎝H2は20㎝あるので自分は問題無しです。

最後に今回購入したトップチューブバックは・・・

apidura4
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

またまた、この画面からトップチューブバックを選ぶと・・・

apidura5
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

選んだのは、コレになります。
サイズは・・・

apidura6
画像元※HTTPS://WWW.APIDURA.COM/

ここには、mobileバッテリーを入れようと思っています。
商品が到着したら開封の儀を執り行いたいと思います。
最後まで見てくれた方、ありがとうございます。
それでは、良いサイクルライフをお過ごし下さい。

 
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください