Tour de CYCLO PAVILION 山岳ロングライド210km実戦後半

前回は上野村で休憩をするところで終わっていたと思いますので、引き続き後半戦に突入したいと思います。

楽しかった前半戦に比べて、後半戦は時間の制約が合ったため

前半戦の楽しかったサイクリングから、悶絶のサイクリングへと変貌を遂げたのであった。

↑この頃は、まだまだ楽しく走っていました。



前半戦は多少の坂道でも速度が落ちることなく進んでいき、それについて行くことが出来ましたが、後半戦は普通の坂道でも速度が落ちることなく進まれた結果、右足の脹ら脛は攣り、攣りながらも当然は知りましたが、左脹ら脛も攣り、もちろんそれでも走りました。

そうして、坂道で遅れを、取り返すために、下りと平坦で合流を繰り返して行く間に、今度は右ハムも攣り、それでも走っていると、左ハムも攣り、シッティングがつらいので、ダンシングで走りつづけたら、今度は、両足の前モモが同時に攣り、遂には、平坦でついていけなくなってしまいました。

このまま、独りで走りきることはもちろん可能でしたが、自分一人の遅さのせいで、周りのみなさまにご迷惑をかけるわけにもいけないので、サイクルイベント至上自分にとって初めてのDNFをしました。

回収車に自分の自転車が乗せられるのは、何とも言えない気持ちになりました。

全ては、弱い自分がいけなかったのです。

こうして、自分のTour de CYCLO PAVILION 山岳ロングライド210kmは終わりをつげました。

青ジャージ君と知識人様は、強者なのでもちろん完走されていましたよ。

今日の一言

這い上がろう

いつか負けたことがあると言うことがきっと、役に立つ日がくる。

足が治ったら、シッカリ継続して走ろうと思います。

後半戦の動画はこちらです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください