【更新】【本日のおすすめ】カンパニョーロ POTENZA 11グループセット

最近カンパニョーロ ポテンザの検索ワードが多かったのでもう少し詳しくおすすめしたいと思います。

更新!本日のおすすめはカンパニョーロが新たに出した新コンポPOTENZAグループセットです。
2016からアテナが廃止になり今回のPOTENZAが発売されました。

最大の特徴は、コレまでのカンパニョーロにはなかったカセットスプロケットが採用されたことです。

自分が現在使用しているコンポは、レコードEPSとコーラスになります。
コレまでの11速のカンパニョーロのギア比は11-23 11-25 11-27 11-29 12-25 12-27 12-29でしたが、POTENZAのカセットスプロケットは、11-25T 11-27T 11-29T 12-27T 11-32Tの5種類になります。
リアディレーラーが、ショートゲージとミッドゲージの2種類があり、ショートゲージは29Tまでで、ミッドゲージに変更すると32Tまで使えるようになります。

POTENZA 11グループセット

 




現在カンパニョーロの11速コンポを使っている方で、とにかく32Tを使いたい方は


Campagnolo – Potenza 11スピードリアディレイラー


Campagnolo – Potenza 11スピードカセット (11/32)

を購入すれば導入可能になります。

あとは、Campagnolo – Record 11スピードチェーンを忘れないで下さい。

因みにイチからコンポを揃えますという方の場合は、こちらの構成をおすすめします。


Campagnolo – Chorus (コーラス) 11スピードウルトラシフトエルゴパワーレバーセット

Campagnolo – Chorus Ultra トルクカーボンクランクセット (11 スピード)

Campagnolo – Chorus (コーラス) 11スピードフロントディレイラー

BBカップや各種ケーブル類も後必要になりますがカンパを選ぶのであれば、クランクはウルトラトルクを選んで欲しいです。Qファクターが三大コンポの中で一番狭いのと、CLUT化する事も可能です。
エルゴパワーもやはりウルトラシフト対応が良いでしょう。
一度に5段変速出来るのは、カンパニョーロだけです。
それらが、出来る物が残念ながらコーラス以上のコンポーネントに限られているので、リアディレーラーとスプロケットのみポテンザにして、チェーンはレコード、それ以外はコーラスの構成が一番安くすむと思います。

最後にポテンザのギア比ですが、
11-32 11 – 12 – 13 – 14 – 15 – 17 – 19 – 22 – 25 – 28 – 32
11-29 11 – 12 – 13 – 14 – 15 – 17 – 19 – 21 – 23 – 26 – 29
11-27 11 – 12 – 13 – 14 – 15 – 17 – 19 – 21 – 23 – 25 – 27
11-25 11 – 12 – 13 – 14 – 15 – 16 – 17 – 19 – 21 – 23 – 25
12-27 12 – 13 – 14 – 15 – 16 – 17 – 19 – 21 – 23 – 25 – 27
の構成になっています。

POTENZAの購入はコチラ

本日のおすすめ一覧へ戻る

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください