Rough River Cycling ナイト君またまたやってくれました。

おはようございます。
本日はナイト君と久しぶりにRough River Cyclingに行ってきました。

普段開始は5:00からなのですが、ナイト君より5:30で良いですかと、LINEがあったのでいつもより30分遅い開始となりました。
空模様は、相変わらず曇っていますが雨は降っていなかったのでいつもの待ち合わせ場所に到着すると、ナイト君はまだ来ていませんでした。
ちょこっと、待っていると・・・・

wp-1468452466583.jpg

ナイト君登場です。

早速右岸の河口に向かって走り始めました。
相変わらずの高出力でグイグイ引いていきます。
堀切橋の逆手前から後ろにいる自分の方をちらっ、チラッと見ては牽制してくる有様です。
案の定、パンチャー炸裂してダンシング加速されました。
なんとか着いていきつつ、橋を渡って下った先がナイト君のスプリントポイントで、路面が砂利になっているところまでさらに加速ですよ。
あぁ~若さは素晴らしい
とかは、思う余裕はありません。
堪らず、声を掛けてスピードを落としてもらいました。
そこから、ゲートブリッジまでは軽く走ってもらいましたが、いきなりナイト君「350Wくらいで走らないとなぁ~」なんて言い始めて、
ゲートブリッジからまたまた加速を始めてしまいました。
最後のスプリントは、ついて行けずに河口ゴールでした。
途中軽く走ったのにストラバのセグメント円環の理のタイム25分切っていたから、自分にとっては厳しい朝でした。

wp-1468452478536.jpg

そのまま引き返し途中も、パンチャーナイト君はたびたび現れは消えて走っていましたがなんと、ここでナイト君パンク発生です。
見事に2人とも携行ポンプを持ってくるの忘れていました。
本当にあと少しの所でしたのでそのまま走ろうと試みましたが、買ったばかりのホイールなのでナイト君タクシーで帰ろうかなぁ等と言い始めました。
すかさず、自分が他のサイクリストから借りるべく周りを見渡すも誰もいませんでした。
なんで、こういうときに誰も走っていないのかと思ったところ、河口側から颯爽と走ってくるサイクリストが見えたのですかさず手を上げて止まっていただきました。
「すいません、空気入れ持っていたら貸していただきたいのですがお持ちですか?」
快く貸していただけました。
その方が乗っている時点は、78デュラでまとめられて、とにかく自転車がキレイです。
これは、確実に速い人の特徴です。(自転車速い人は自転車がキレイです。)
パンク修理が終わり、空気入れを返してお礼を伝えたら颯爽と道の彼方へ消えて行かれました。
岩渕まで行って折り返すと言っていたので自分らが扇大橋に到着する頃には折り返してく分けないよなぁ
と、思っていたら扇大橋に到着する前に折り返してきて手を上げてくれました。
やっぱり、速い人は速いね。

ナイト君今日のチューブはこれです。

マビック MAVIC ロードインナーチューブ 48mm 2本セット

それでは、本日の動画です。
今日は、ナイト君のパンチャー特集第2弾です。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください