【本当の大画面をお求めなら】【本日のおすすめ】オプトマ フルハイビジョン3D対応 短焦点DLPプロジェクター GT1080

ツールドフランスを大画面で観戦しよう!
そう思いプロジェクターを探し始めたやしゅひろですが、なんせ種類が沢山ありますね。
最初は、エプソンのTW5350を見ていたのですが、オプトマGT1080を見つけた瞬間にコレに決まりました。
何で、コレに決めたかと言うと、通常のプロジェクターに比べて短焦点レンズを搭載しているため100インチ投影は1.1m、120インチ投影1.33m、150インチ投影1.66mで可能になっています。
近くで大画面で投影出来るので、自宅でも大画面化しやすいメリットがあります。
以前もプロジェクター使っていましたが、BLレコーダーをつなげればTV番組も投影可能、ゲームも大迫力で出来ます。
後は、スクリーンとスピーカーがあれば、自宅で映画館の迫力が得られますよ。
本当は、150インチのスクリーンが欲しかったのですが、横幅3.7m縦幅2.0位必要なので、狭い我が家には入りませんでした。
先日ヨドバシ新宿西口で150インチのデモを見ましたが、120インチとの受ける印象の差がものすごくデカいです。
仕方ないので、120インチに妥協しました。
スピーカーもシアターバーなら気軽に設置可能なので、一緒に揃えておくのも悪くないです。
目の前にローラー台を置いたら、そこはツールのステージに早変わり!
自分がプロトンの中にいるような錯覚に陥るかも!?

因みにこれでzwiftやってみても面白いかもしれません。

 

オプトマ フルハイビジョン3D対応 短焦点DLPプロジェクター GT1080

 

オーエス 掛図スクリーンHD120型 マスクなし SMH-120HN ※当店だけのオリジナル品

ヤマハ ホームシアターシステム YSP5600B


ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター ブラック YSP-1600(B)

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください