【チョー便利】【本日のおすすめ】ACOR(エイカー) AMP-21301 ミニフロアポンプAS3

昨日も発生したパンク修理の強い味方がやってきました。
サイクリング中に、急にやってっくるパンクの時に一番困るのが、空気を入れる行為です。
CO2ボンベもありますが、先日青ジャージ君がリム打ちパンクで1度に前後輪パンクした時に、
全員のCO2ボンベを使い切った事実を目の当たりにするとやっぱり携帯できるフロアポンプないと怖いかも。
そう思い、最近は走るときに持ち歩いているミニフロアポンプがこちらです。
ミニフロアポンプは色々売っていますが、小さい物は空気入れるのがまず大変です。
しかも、8気圧入れられる物を探そうとすると、とたんに選択肢が限られてきます。
よくあるものは、こちら
スポンサードリンク




TOPEAK(トピーク) ミニモーフ

ですが、空気圧を見ようとすると別売りのコレを買わないといけません。

TOPEAK(トピーク)ホース&ヘッド(TRK-RP03)

そうすると、結構いいお値段になってしまうので、後から付け足す必要のないこちらの↓のミニフロアポンプになるわけです。

ACOR(エイカー) AMP-21301 ミニフロアポンプAS3

若干サイズアップですが、最初からメーター着いてるし、ポンピングもミニモーフより長いので入れやすいです。
使った方全員が、今のところ絶賛中です。

走行中に空気入れられなくなったら、ロードサービス利用かタクシーですよ。
峠は電波繋がらない事もあると思いますので、何かあったときの一本を携帯するのをおすすめしますよ。
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ
にほんブログ村
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください