サイクルショップあしびな1日峠サイクリング

本日はサイクルショップあしびな主催の峠1日サイクリングに行ってきました。
トップ画像は、鶴峠ゴール画像です。
コースは、色々ありまして当初予定のコースから変更になりました。
前日にルックさんが267㎞走った際に、当日の予定コースが含まれていたので状況を確認すると、どうやら通れないという情報を頂いたので、
急遽変更してこの様なコースとなりました。

総勢11名なので、脚にバラツキがあるため、カメさんチームとウサギさんチームに分かれてスタートしました。
メンバーは、カメさんチーム 先導:自分 ミヤタくん コガくん キシエリくん DTくん フラペくん の6名
一方ウサギさんチームは、先導:店長 隊長 青ジャージ君 エース様 車中泊さん の5名
カメさんチームは、お茶の水駅4:30集合です。
ウサギさんチームはゆとりある6:15高尾行き中央特快なので、我々に与えられた時間は、アドバンテージ1時間!!
松姫峠まで逃げれたら快挙だね。
それでは、早速カメさんチームの1日をお送り致します。

 

@yashuhiro2010が投稿した写真

写真は始発の為シャッターが開いたばかりの御茶ノ水駅です。
4:30集合のため本日は3:30に起床しましたよ!
こんなに早く起きたの久しぶりです。
輪行袋にロードバイクを詰め込んで出発です。

@yashuhiro2010が投稿した写真

5:57高尾駅到着
駅を降りると、DTくんがお出迎え
今日は車で来ていたみたいです。
電車乗っているときにフラペ君が15分くらい遅れる連絡がありました。
いきなりのタイムロスはきついなぁ
と、ながら待つこと25分・・・フラペくん登場
出口を間違えたみたい。
とにかく早く自転車組み立てて出発しようといった瞬間
プシューーーーーーーーーーー
!?
なんと言うことでしょう。
DTくんの後輪がパンクです。

@yashuhiro2010が投稿した写真


みんなで急いでパンク修理しましたよ。
今日は出だしから大幅タイムロスで始まってしまいましたが、ウサギさんは待ってはくれないので、とにかくスタートしました。

@yashuhiro2010が投稿した写真

陣馬街道を登っていくと・・・・

@yashuhiro2010が投稿した写真

ありました!
和田峠の標識です。
ここから本日4峠登る予定の第一弾和田峠の戦いが始まります。
登りについては下の動画見て下さい。

和田峠を制したチームあしびなカメさんは、次なる峠である鶴峠に向かうのであった。
が、しかし和田峠と鶴峠を繋ぐ間の名も無き道が、なかなかやってくれました。
ゴルフ場近くは見事に上り坂、斜度もご丁寧に13%とかなかなかのレイアウトを見せていただけました。
我々6人は、坂に入ると集団がちぎれ、下りを先頭がゆっくり走ることで再度集団を作る繰り返しながら、
一路鶴峠へと向かった。

@yashuhiro2010が投稿した写真

そしてついに、鶴峠が我々の目の前に現れた。
入り口で止まると、頂上にバス停があるので、その写真を撮って鶴峠を制した証となる説明をし、みんなここから戦いが始まるぜ!
最後の一言を言い終えるかどうかの間際にみんなスタートして行きました。
登りについては下の動画をご覧下さい。

鶴峠を制したチームあしびなカメさんチームは、鶴峠頂上でウサギさんチームに追いつかれてしまった。
ウサギさんチームの隊長が、しょうが無いから先にスタートしていいよ。
5分後にスタートするから先言って下さいと言ってくれました。

@yashuhiro2010が投稿した写真

もらったチャンスを最大限行かせるように必死で走るカメ6人
すると・・・

@yashuhiro2010が投稿した写真

長い道のりをへて、ついに我々の目の前に松姫峠の標識が現れた。
標識の先に行くと・・・・

@yashuhiro2010が投稿した写真

ぽっかりと、進むべき道が現れた。
本日メインの松姫峠が、眼前に現れた。
早速頂上を目指して登っていくと、コガくんが独り下っててきました。
どうやら、コガくんは左膝がいたくて登れないと言ってきた。
ウサギさんチームと、自分は必ず帰ってくるからここで待っていてくれと、伝え戦場へ向かった。
登りについては下の動画を見て下さい。

雨がぱらつく中、我々は松姫峠を制した。
やはり松姫トンネルが完成した事によって、旧道は通行止めになっていた。

@yashuhiro2010が投稿した写真

今では、登山客か我々みたいな者たちぐらいしかこない・・・・
松姫も悲しんでいることでしょう。

@yashuhiro2010が投稿した写真

 

登った全員で記念撮影をして、松姫峠を下りました。

さぁ後は下って高尾駅戻るだけです。
しかし、高尾駅へたどり着くためには、最後の峠である大垂峠を越えなければなりません。
満身創痍カメさんは登れるのか?
大垂峠の動画は下をご覧下さい。

なんとか死力を振り絞って登り切ってきました。
本日は、これでおしまいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください