【G】から始まるバイクブランド

GAN WELLflag_japan

スポーツバイクの大手問屋である岩井商会が興したオリジナルブランド、ガンウェルだ。
バイクフレームの製造は、1965年から今期で50周年を超える老舗ブランドである。
NJSに認定されたクロモリピストフレームからカーボンのレーシングバイクまで本格的なスポーツモデルをラインナップしている。

GARNEAUflag_canada

元自転車選手であるルイ・ガノが興したウェアブランドがはじまりだ。
日本ではおしゃれな町乗りバイクとして幅広い層から認知されていたルイガノから、コンペティションラインとして2012年に独立し新しいブランド名とロゴマークを与えられ、協議思考のユーザーニーズに積極的に応えることができる様になった。

GHISALLOflag_japan

エディ・メルクスなどの販売代理店である深谷産業のオリジナルブランド、ギザロだ。
イタリアにあるサイクリストを加護する教会であるギザッロ教会をブランド名に冠した。
ジャパニーズブランドらしく、日本人の体型にフィットするジオメトリーで日本人でも無理のないライディングポジションをとることができる。

GIANTflag_taiwan

1972年台湾の台中に創設された巨大機械工業のジャイアントだ。
世界中の名だたるブランドのフレームをOEM生産していたが1989年にブランドを立ち上げた。
現在は、正解最大のスポーツバイクメーカーに成長し、1998年よりツール・ド・フランスでもチームに機材供給を続けてステージ優勝を量産している。



GIOSflag_italy

トレードマークの鮮やかなブルーはジオスブルーと呼ばれ人気を集めている。元プロレーサーでオリンピック代表にもなったトルミーソ・ジオスが1948年にトリノで創業した。古くからレースと共に歩んできた伝統のブランドだ。現在は、小径車やクロスバイクなども生産している。

GT BICYCLESflag_japan

溶接技術を生かし、仕事の傍らドラッグレーサーを作っていたゲーリー・ターナ自らもレーサーとして活躍していたが、1973年に息子のBMXを作ったのが自転車ブランドの始まりとなった。
80年代はBMXの頂点を極めMTB界に進出。ロードバイクはアメリカナショナルチームへも供給したことがある。

GURUflag_canada

カナダ・モントリオールの拠点とし、自らの望む完璧なバイクを作り出す為に設立されたグルは、カーボンのカスタムオーダーバイクを提供。乗り方や体格に応じて、高いパフォーマンスを発揮させる。また、ストックモデルも最適なパフォーマンスを発揮できる様設計されており、カラーセレクトまで可能だ。

GUSTOflag_taiwan

2006年に台湾のカーボンパーツメーカーとして創業されたブランド、グスト。
携帯電話やパソコンなどのパーツを作っていたが後に勇目バイクブランドのOEM供給を開始。ついに自社ブランドを持つに至った。自社工場をもつブランドらしくハイエンドなモデルをリーズナブルに手に入れられる。

インデックスへ戻る

 
スポンサードリンク